Home > ブログ > 今年(2022年)購入したソフトウェア

ブログ

今年(2022年)購入したソフトウェア

今年、仕事関係で購入したソフトウェア。

VMware Fusion 13 Pro

普段はMac上でLinux デスクトップ(Fedora)を動かして、そこで開発作業を行っているので手放せないソフトウェア。

先日13が出たのでVMware Fusion 12 Proからアップグレードした。

仮想TPMに対応したので、ようやくWindows11を簡単にインストールできるようになった。
また、これまでは、VMWareがApple Siliconに対応していなかったので、Intel Macから移行できなかったのだが、Apple Siliconにも対応したのでようやく移行できそう。

Professional版はリンククローン機能やネットワーク関連の設定ができるのがよい。

VMware Workstation 17 Pro

最近はMacばかりだが、LinuxをインストールしたPCで作業することもあるのでこちらも更新。

Linuxでも動作するそれほど高価でもない商用ソフトウェアは貴重だ。

ところで、2021年にVMware Inc.はDELL傘下から独立することになったということで、応援の意味で少し株も買ってみた。 その後、株価は順調に下がったが後悔はしていない。本当だ。 ただ、今度はBroadcomに買収されることになったようだ。変わらず使いやすいデスクトップ製品を提供し続けてほしい。

JetBrains All Products Pack

こちらは新規に購入したもの。

私は普段のコーディングはemacsで行っている。PhpStormの話はちょくちょく聞くことがあったので気になってはいた。スクリプト言語での開発にIDEとか大げさだろと思っていたが、全然そんなことはなかった。とてもいい。

入力補完やコードインスペクションもいいが、Search EverywhereやQuick Documentaionなどがとても便利だ。

PCに向かって前のめりにならず、椅子にふんぞり返って開発できるようになった。

結局、All Products Packを購入した。よく使うのは、

  • PhpStorm
  • CLion
  • PyCharm

あたり。

先日リリースされたバージョン2022.3からSettings Syncが異なるIDE間でも同期されるようになったようだ。

https://www.jetbrains.com/help/idea/sharing-your-ide-settings.html#IDE_settings_sync

今までは、キーマップを変えた時に別種のIDEにも反映させるのが面倒だったので、これは地味にうれしい。

ただ、この変更を知らなかったので、久しぶりにGoを使おうと思い、GoLandを新規インストールして設定を同期したら、他のIDEの既存の設定を壊してしまった。Settings Syncのrollbackもできるといいのだが。

こちらもLinux上で動作する貴重な商用ソフトウェアだ。

どれも、仕事上必要なだけでなく、これらの製品のファンになってしまった。

投稿日:2022/12/15 11:22

タグ: 与太話

Top

アーカイブ

タグ

Server (24) 作業実績 (17) PHP (15) プログラミング (15) ネットワーク (12) C (8) OpenSSL (8) C++ (7) PHP関連更新作業 (7) EC-CUBE (6) Webアプリ (6) Nginx (5) AWS (4) 書籍 (4) laravel (4) Linux (4) JavaScript (4) Rust (3) Vue.js (3) 与太話 (3) Symfony (2) Golang (2) OSS (1) MySQL (1) お知らせ (1) デモ (1) CreateJS (1) Apache (1)